一挙三得くらいはある趣味と実益、燻しの日々

若い頃に「燻製」にはまってしまったのですが、結婚したり子育てしたりで、しばらく遠ざかっていました。昨年あたりから時間が取れるようになったので「燻製」を再開しました。以前はベランダで燻してたのですが、最近の燻製ブームで台所でも燻すことができるお手軽なスモーカーも登場したので、ほぼ毎日何かしらを燻しています。毎日燻すのは「塩サバ」などそのままでも食べられるけど、燻したら旨みがアップするお手軽なものです。ブリや焼き魚用の切り身なども焼く代わりに熱燻したら、おいしさは格別です。ベーコンやハムなどの準備が必要なものは、週に1回のペースで作っています。1週間ほど香辛料に漬け込んで、塩抜き、ろ乾燥、成型を2日くらいの時間をかけて、そして燻製となります。大型の肉の燻製ですから、手作り大型スモーカーを使用します。燻製の温度、時間など回数を重ねて、うまくできるようになっていくのが楽しいです。そして、何といっても、この趣味は「食べる楽しさ」があります。自分が食べるのはもちろんですが、家族においしそうに食べてもらうのは最高に幸せな瞬間です。家族もおいしい燻製品が食べられるので、わたしの趣味を応援してくれます。