今、何より楽しいのは落語を見に行くことです

巷でも流行っていると聞きましたが・・・落語にはまっています。最初は、友人の開催した素人寄席を見に行ったことがきっかけなのです。それが素人なのに面白く、演者の皆さんが楽しく熱く、落語の話をされてるのを聞き、楽しそうだなと思いました。それから、プロの噺家さんの話を聞きに行ったのですが、一人の人が座布団に座って話をしているだけなのに、広がって行く世界に魅了されました。今では時間があればいろいろな落語を聞きに行ってます。同じ話でも、話す人や、その実力によって、これほど違って聞こえるのか!といつも驚きます。ちょっとした指や目線の動きで、客席が引き込まれたり、目の前に見えないはずのものが見えてきたりするのが不思議です。まだ躊躇しているのですが、今年は実際に演じる方もやってみてもいいかもと思っています。プロの方のようにできるとは、全く思っていませんが、少しでも自分でできたとしたら・・・また落語の世界も違ったように見えるのではないかという期待があるのです。